確かな春が・・・

雪の中にも確かな 春

かぜで胃も痛い時
乾燥したダイダイの皮にショウガと砂糖を加えて熱湯を注ぎ、熱いうちに服用してね。

ダイダイは常緑高木。樹高5m内外。5月頃白い花を開花し、11月頃果実が熟す
枝に鋭いとげが互生している。

原産地はインド、ヒマラヤで中国を経て日本へ。
ミカンやユズは落果するがダイダイは、秋に橙黄色となり、年を越して再び緑色となる。2年から3年は落ちない。
正月飾りにダイダイを用いるのはダイダイ栄えるという祈りがこめられている。また、正月頃黄金色になることから黄金がはいるようにとの願いもあるようだ。
「大和本草」(1708)にはダイダイを「蚊無須」と呼び、果皮を乾燥したものをたいて蚊をさけたとの記載もある。



生薬名 
枳実 
 未熟な果実を採り、輪切りにして陰干しにする。充分にからから に乾燥する事が大切。
 芳香性の健胃薬。利尿、せき、たんにも良い。妊婦は禁。
 10グラムをコップ3杯くらいの水で半量になるまで煎じ一日3回  に分けて温服する。  
 成分・・・リモネン(精油) ヘスペリジン(フラボン類)
橙皮  
 成熟した果皮を乾燥させる。
 風邪、せきに。健胃にも。苦味チンキにも含まれる。

 10グラムを一日分として分けて温服する。
 成分・・・リモネン、ヘスペリジン

daidai Makino

Citrus aurntium L.
日本産 Ctrus aurantium L.. var

2005.2.20撮影

ダ イ ダ イ

 .  

サザンカ(山茶花)

サザンカ

クリスマスホーリー

クリスマスホーリー

(12月撮影)

ヒイラギ(柊)は民間で枝,樹皮を肝臓、や腎の疾患に用いるとされています。

モチノキ属

ヒイラギ(柊) (モクセイ属)Osmanthus ilicfolius Moulillefert
ヒイラギモチ〈セイヨウヒイラギ))(モチノキ属)Ilex aquifoliumL.
ヒイラギナンテン(トウナンテン)(ヒイラギナンテン属)Mahonia japonica Dc.

ヒイラギにはいろんな種類があります。

ちょうどクリスマスの前11月から12月に、実が赤く熟します。長四角の緑の葉と赤い実がとても美しく、クリスマスの飾りに使われ、クリスマスホーリーとして流通しています。
実をつけるのは雌木ですが雄木がなくても受精する単為結果なので雄木がなくても結実します。あまり大きくならないので鉢植えや庭木、生垣によくみかけます。

Ilex cornuta

ヒイラギモドキ(チャイニーズホーリー)

(12月撮影)

種皮を除いた種子から得られるサザンカ油は毛髪香油や軟膏基材に用いらていれます。

サザンカは日本特産の常緑小高木。10月から12月に白やピンクの花をつけます。
ツバキの花によく似ていますがサザンカはが花びらと雄べが離れていますが、ツバキは花びらと雄べが基部でついています。

ツバキの花は花全部が落花するのに対しサザンカは花ビラが一枚一枚散っていきます。

Camellia sasanqua Thunb

焚き火や、しもやけが、懐かしい言葉になってしまうのは寂しいですね!

イチョウの実は鎮咳、去痰として。煮てその汁と共に食べるか焼いて食べる。
多食及び生食は中毒を起こす時があるので注意する。

イチョウ葉エキスは葉を乾燥させてアルコールで成分を抽出したもので、血行促進や痴呆の予防改善効果がある。
副作用はないが、抗凝結薬を飲んでいる人は効果が強くなりすぎるので服用しない方がいい。

標高30mに達する落葉高木。
雌雄異株で雌、雄とも4月に開花する。
仏教と共に中国より伝来したといわれている。

Ginkgo biloba L.

(銀杏,公孫樹)

イチョウ

薬用には花色が淡黄色または白色のものを使います。

目の充血やかすみ目などに使います。
喉の痛みをともなう風邪の頭痛にもにもいいですよ。

漢方では釣藤散(菊花+釣藤鈎)
      杞菊地黄丸(菊花+駈枸杞子)
      に用いられています

花びらをさっとゆでて甘酢につけたり
花をレンジでチンして乾燥させ、キク花茶などにして楽しむのもいいですね!!
     (Chrysthemun morifolium)

菊は奈良時代に中国より渡来した。
多種類あるが、薬用となるのは
キク(Chrysanthemun morifolium Ramatulle)
シマカンギク(C.indicum Linne)

キ  ク

ブルーベリー製品いろいろ

ブルーベリーは植えれば枯れることはない、育てやすい樹木なので
ちょっとしたスペースや生垣などでもよく見かけられる。
果実も多く付けるのであなたも植えてみて!

ブルーベリーは栽培も簡単!

ブルーベリーはアントシアニンという色素を多く含み、目の疲労回復に効果があります。
アントシアニンはポリフェノールの一種です。アントシアニンは目の網膜を安定させているロドプシンという物質に直接働きかけて眼精疲労を改善させるといわれています。

ブルーベリーはツツジ科の植物で、春にドウダンツツジに似た釣鐘形の白い小花を咲かせる。育成されている品種には他に、ラビットアイ・ブルーベリーなどがある。
7月〜9月にかけ果実が収穫される。

(V.coriymbosum)

(ハイブリッシュ・ブルーベリー)

ブルーベリー

ブルーベリー

9月でもまだ収穫できる!

ハイビスカス

花のガクを乾燥させてお茶にして飲みましょう!
1カップにひとつのガクを入れ、熱湯を注ぎます。2,3分でルビー色に。
南国のお茶を楽しみましょう。
クエン酸やビタミンCたっぷり。
利尿効果があるのでむくみなどにもいいです

Hibiscus rosa-sinensis

ハワイの州花ともなっている、熱帯花木。
花の中央から雌しべが長く突き出ていて、その花柱をたくさんの雄しべがくっついて筒状に囲んでいます。
花期は7月〜8月
花の色は黄色から橙色など多種の園芸品種がある。

仏桑花、扶桑花 (和名 ブッソウゲ)

正作じっちゃのページ

http://ha6.seikyou.ne.jp/home/Syosaku.Sato/

ニチニチソウは7月30日の人の誕生花。花言葉は友情。
あなたの誕生花は?
下記サイトへリンクしてみて

このニチニチソウから、抗がん剤として臨床で用いているビンブラスチンやビンクリスチンが発見されました。
植物を大切に守っていくことは医薬品の開発にもつながるのですね!!

マダガスカル原産で熱帯各地に野生化している。日本では観賞用として花壇などによく植えられている。乾燥に強い。

Catharanthus roseus

(日日草、日々草)

ニチニチソウ

カミツレ(カモミール)

「お医者のハーブ」とも言われているカモミールは、消炎、鎮痛、発汗、強壮などの作用があるので、風邪や腹痛にも用いられてきました。不眠、いらいらなどのストレス緩和にもいいですね!

乾燥したカミツレ花5グラムを急須に入れ熱湯を注いで5分後に服用します。一日3回食間服用ですが、お茶代わりに飲んでもいいです。風邪や不眠のほか、腸管にガスがたまっているときなどにもいいですよ。

「カモミールとはギリシャ語で「大地のりんご」の意味に由来してます

どんな荒地でもすくすく育つ丈夫な花です!

Matricaria chamomill L.

5月から7月に花または全草を日干しして保存する。
主成分は精油(アズレン類のカマズレン配合)

和名でカミツレと呼ばれているものはジャーマンカモミールである

ジャーマンカモミールの茎は直立し多く枝別れしており、高さも20〜60cmになる。他に茎が地を這って先端が立ち上がって花をつけるロ−マンカモミールがある。ローマンカモミールの方は丈が30センチメートルと低い。
ジャーマンカモミールはハーブティーとして薬用に、ローマンカモミールはエッセンシャルオイルとしてテアロマティラピーや化粧品に用いられる。

「ぼたん」と「しゃくやく」
ボタンは木、シャクヤクは草です。ボタンはシャクヤクより花期が早く4月から5月。シャクヤクの花期は5月から6月。
黄色い花ならほとんどぼたん。

関東近辺

筑波薬用植物栽培試験場

5月21日撮影

5月初旬撮影

ぎっくり腰や腰の痛みに芍薬甘草湯がおすすめ。即効性のある漢方薬です。

根を秋に採掘して乾燥する。 成分ペオニフロリン

筋肉のひきつりからくるけいれんを和らげる作用があ利、腹痛、疼痛、下痢に用いられる。

白い花で一重のものが薬効は高い
Paionia lactiforia Pallas
シャクヤク(芍薬)

生薬はレンギョウの果実を使用。新しく大粒で茶褐色のものが良品
成分  トリテルペノイド、フォルチアシド
薬効  炎症を抑える、排膿作用
  

  Forsythia suspensa   

レンギョウ(連翹)

開花期 3月〜4月

生薬(辛夷)はコブシのつぼみの乾燥したものを用いる。
芳香の強い者が良品。
成分 精油、リグナンなど
薬効 鼻炎、蓄膿症などを治す。
    発汗作用あり。風邪による頭痛にもよい。
 

2005.4.08撮影

開花期 3月〜4月 

Magunoria kobusu De Candolle  

コ ブ シ

ミモザサラダ  黄色い卵の黄身をかけたサラダのこと (黄身がミモザの花に似ている)
ミモザカクテル オレンジジュースとシャンパン半量づつ混ざったカクテルのこと

花言葉は「秘めた愛

花から香料をとる。
南アフリカでは樹皮からゴムを採取する。

2005.3.10撮影

Acazo(ギリシャ語でとげのある)decurrense下にのびたdealbata白く塗られた
Acasia decurrense var.dealbata
房アカシア(ミ モ ザ)

(11月撮影)

イチョウ

サプリメントがよくわかる本
一家に一冊保存版です!!

薬剤師必見!!

キ ク

(10月撮影)

(9月撮影)

ブルーベリー

ハイビスカス
 (8月撮影)

ニチニチソウ
  (7月撮影)

(6月撮影)

(5月撮影)

しゃくやく

カミツレ(カモミール

だいだい

おすすめBOOK

      毎月見ごろの植物を紹介します。
その植物の民間療法、薬効、成分、漢方処方などが書いてあります。
草木で体を癒しましょう。

(4月撮影)

(4月撮影)

れんぎょう

(3月撮影)

(2月撮影)

こぶし

ミモザ

今日はどんな草花が声をかけてくれるのでしょう。
ちょっと足を止めてみませんか?
人々は昔、自然の恵みをお薬にしてきました。
このページは身近にある植物とその効用を紹介します

漢方210処方生薬解説  監修佐竹元吉、伊田善光 根本幸夫 じほう
スキルアップのための漢方相談ガイド  丁 宗鉄  南山堂
サプリメント健康バイブル  日本サプリメント協会 小学館
実用漢方処方集 藤平 健 山田光風監修 じほう
OTCハンドブック 堀 美智子監修 学術情報流通センター
漢方診療のレッスン 花輪寿彦 金原出版
汎用生薬便覧 日本大衆薬工業協会編
漢方生薬薬剤師講座テキスト全集 日本薬剤師研修センター

それぞれのページのにラテン名で書かれているのは学名です。
たとえばきんかんはCitrusu aurantium L.
Citrusuはレモンの古名、
aurantium は橙黄色の意味。
L.はLinneさんが発見者という意味です。
学名は世界でただひとつの名前なので、これを言えばその植物を探すことができます。   

今月の草花


山茶花山茶花咲いた道

焚き火だ焚き火だ落葉焚き

あたろうかあたろうよ

しもやけおててがもうかゆい

2006.1.1